スポンサーリンク

前橋育英の飯島大夢の骨折本塁打に非難コメント続出!

前橋育英・飯島大夢 骨折本塁打に賛否両論!

昨日の前橋育英の飯島大夢選手の根性の骨折本塁打はみごとでしたね。
でもネット上ではもっと選手のコンディションを考慮すべきだという
コメントが数多く出回っています。
難しいところですね。

詳しくはYouTubeにアップロードしました。ご覧くださいね。



ネット上の反応は!?

・よくわからんのだが、関東大会から2ヶ月以上経ってまだ練習もできない骨折って、いくらなんでもおかしいと思う。本人の意志とか、予選を勝ち抜きたいチームの思いとかもあるんだろうけど、ちゃんと治療するべきだったのでは?
ちっとも褒められた行為ではないのに、容認してる監督や周囲の大人はおかしいし、美談に仕立てようとしている報道のあり方には違和感しかない。
こんなことたら、この子が将来大人になって正しい判断ができる人にならない気がする。周りの大人やマスコミはそこまでちゃんと考えているのだろうか?
こうやって過ちが、気がつかないまま引き継がれて次の過ちを生んで往くだろうと思うとぞっとする。

・朝日新聞は高校野球を主催しているらしいが、この手の話しを美談として取り上げるのは控えて欲しい。怪我が悪化して、今後の野球人生に影響しないか…と考えてしまう。

・最後の打席痛さに顔をしかめてうずくまりそうになっていた
どれだけ本人が大丈夫だ出たいと言ってもあの様子なら監督から下がるよう説得しないといけないと思う
解説も無理させてはいけないと言っていた
高校という教育機関における部活動なんだから、本人の将来のことを考えてやるのが指導者の仕事だと思う
こんなことを美談にしてはいけない

・美談や根性論より、本人の将来や日常生活を犠牲にすることになりかねないことに警鐘を鳴らさなかった周りは何をしているのか。
本人がそれで良いならという考えではなく、何が正しいかをしっかり教えないといけないのが教育ではないでしょうか。

スポンサーリンク



・果たしてこれが教育の一環と胸を張って言えるのだろうか?自分も野球をやっていたから怪我をしてでも試合に出たいという飯島くんの気持ちはよくわかる。悪いのは監督。こんなに無理をさせて次の試合、もっと言えばこれからの将来、支障をきたしてしまったらどうするんだ。代えるのが監督の仕事じゃないのか?ピッチャーは代えれるのに怪我してる選手は代えれないのか?監督の責任能力を疑う。そしてこの話を美談として報道するマスコミも疑う。
まあでも、飯島くんの意地はすごかったな。さすがやね。ナイスバッティング!

・万が一、死球がその手に当たって取り返しのつかない後遺症が出た場合、相手の投手は一生モノのトラウマ背負っちゃったと思う
クロスプレーの接触で同上の事態になった可能性もあっただろう
普通なら治療可能な試合中の不慮の怪我で済むけど、骨折部位じゃその保証はない

本人は自分の最後の夏、チームのためという自分の周囲しか見えてないんだろうけど、野球は相手チームとするもの
こういう相手に迷惑がかかりかねないことは指導者が責任持ってきっちり止めろよ

・うーん球数制限の話が提唱されるのなら怪我のチェック出場停止も提唱すべきじゃないかな?
取り合えず本人の意思もあるけどそこを説得して出さないのが指導者としての監督の役目でしょ

・将来の事も考えて周りの大人が自制させるべきだが、高校生とはいえ本当にこの先どうなっても良いという本人の判断なら仕方ないのかな?
ただ他の選手の逃げ場を無くすような美談に仕上げている朝日新聞の罪は重い。
何かあっても逃げるなよ朝日新聞。

まとめ

ひと昔だったら美談で済ませていたところだが、現在では通用しない。
選手生命を大事にするために、桑田などが投手の投球制限をするべきだと
主張していますね。
でも今回は誰も非難すべきではないのだろうか。

スポンサーリンク