スポンサーリンク

ダルビッシュ 魔球がさえドジャース移籍後2連勝!

ダルビッシュ ドジャース移籍後2連勝!

ネット上でダルビッシュの魔球が話題を呼んでいます。
その魔球とは117キロの遅いカーブだ。
打者は早い速球の後でほんろうされるようだ。

詳しくはYouTubeにアップロードしました。ご覧くださいね。



ネット上の反応は!?

・投げやすいマウンドに変わったのも大きいし、援護も多いし後を投げる救援陣も安定してる。
何よりマスクを被るキャッチャーがグランダルになったのも大きい。キャッチングで何度ボールがストライクになったことか。

・味方の援護や得点で投球内容変わるからね
味方の援護ないと、どうしても1点もやれないってなって大量点とられたりするし
ある程度援護してくれたら、1点やってもアウトカウント稼いだり出来るし
本来は味方の援護ないときでも、1点くらいやってもいいんだけどね
9回のうち点取られるイニングなんか3回か4回くらいしかないこと多いしね
こうなるとマエケンが厳しくなるのか
皮肉だな

・5回最後のバッターはちょっと気の毒
おそらくボールだと思う・・・
フォーボールを確信し、レガースを外しかけたその時『え?ストライク?嘘だろ?』ってな感じ。
バットを持ってちょっと暴れかけた風に見えたけど、ぐっと堪えてた
シーンはちょっと気の毒だったなあ

・ダルビッシュの場合にエゲツないとか、見たことがない球とか、よく書かれてるのを見るけど、その割には打たれてますよね?毎度表現が大袈裟すぎて、この手の記事にはイライラしますね。

スポンサーリンク



・コメは厳しいのが多いけど、MLBは別に長い回数投げる投手をありがたいなんて思う球団は1つもないし、ケガなく指定した試合を投げて戻ってくる投手を重宝がる。今回のダルもちょっと前のマエケンも投げた回数は5回だけど先発の最低限は5回だから問題なし(でないとたかが6回3失点のQSを査定前提になんかしない)。日本人投手が何でもかんでもスライダーに逃げてる間に、なぜか今MLBでは曲がりの大きいカーブとシュート(カッターやツーシームにあらず)が打者の天敵になりつつある。カーブとシュートなんて、かつて少年野球から子供らがまっさきに投げてプロでも使ってた球種なのに、どこのアホが「肩肘に負担がかかる」と言ったんだか…

・個人的には渡米前が全盛期だったと思うんだが

・いやいや、味方が8点も取ってくれるなら、3点くらい取られたって、どうってこと無いよね?(^_^;)

・防御率3点台後半で、7勝9敗。。。
テキサスのチーム成績を考慮しても、費用対効果的を鑑みたら
批判されるべき数字であり結果。
今日も何とか5回で100球使って交代だっけ?w

ドジャースは不要で無駄なトレードしちゃったなー
いくら三振取れても、ポストシーズンでは勝てないよwww

まとめ

結構手厳しい指摘のコメントも意外と多いようです。
でも波の乗っているようで、このまま連勝を続けてほしいですね。
ドジャースでひと花咲かしてほしいです。

スポンサーリンク