スポンサーリンク

春風亭昇太 今川義元役で怪演!?

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に今川義元役で出演している
落語家の春風亭昇太の無表情で一言も発しない演技が「怪演」だと
好評を得ているようだ。

子供の頃から今川好きで、この大河ドラマに出演できて本望だろう。

ネット上の春風亭昇太の評価はどんなものだろうか。

・今川義元はもっと評価されても良いはず。
織田信長を描けば桶狭間で討たれた。今年の井伊直虎なら脅威の存在。
どちらにしても仇役。
武田信玄や北条氏康、上杉謙信と同レベルの評価されで良いハズ。

・以前はあんまり好きではなかったけど笑点の司会になってからは良いなと思うようになりました。
大河に出演とはまた幅が広がりますね。

・もし「まったく違う畑を経験することが人の深みを増すためには有効」が事実なら。今回の役どころは昇太にとってまたとない経験になるはずさ

・義元は強者のイメージがあるわ、断じて軟弱ではない真の軟弱は息子
武士でなければそれなりに大成したのかも知れんが、武士としては軟弱の一言に尽きる

・怪しい感じが出ていてよかったと思う。
中村勘九郎の演じた今川義元が好きで名将のイメージがあるので、今回の昇太の義元も実力者のイメージでよさそうと思った。

・今川義元といい、田沼意次といい、歴史上の憎まれ役って、実は真相が違っていたとか、近年は検証されて、理解されつつあるのは良いことだと思う。
昇太師匠のように、歴史に造詣があり、それを尊敬する人物が演じられるのは、嬉しいと思う。
落語家としては、既に名実あるけど、大河ドラマで怪優ぶりが評価されれば、また違った昇太師匠の評価が高まると期待しています。

・春風亭昇太さん”今川義元論”に賛同します。
今となっては”憶測”や”推測”しかできませんがかなりの切れ者というかやり手でなければここまでの有名武将になっているはずがないと思います。
”たられば”になりますが桶狭間さえなければ今川の天下だってない話ではないはずです。

・存在感のある演技をするであろうベテラン俳優より、どの様な演技をするのか未知数な人を使う事に意味のある見た目と言えるな、視聴者にこの人が最高権力者と思わせる前半のストーリーの持って行き方と、”他の俳優の演技力も助けと成った存在感”と言える見た目なのかも知れないな。

・ 顔面を白塗りにし、無表情で一言も発することなく、謀反の疑いがかかった井伊直満(宇梶剛士さん)を死に追いやるという“怪演”で見る者に強い印象を残した。とても良かった!
受け側の宇梶さんの怯えた演技も、今川義元の恐さをより引き立てていたと思うわ。

・今川義元は武田氏、北条氏と渡り合いながら領土を拡大しています。
桶狭間の戦いで織田信長に敗れたとはいえ、ただの「敗軍の将」扱いは過小評価し過ぎだと思います。
昇太師匠の演技も個人的には良かった。今後に期待します。

・新しい時代へと動いた戦国期が面白いですね。女城主「直虎」で新しい今川義元像を見ることができるか期待しています。
 「ナレロス」だけは御免こうむりたいですね。歴史ものは作家のペン一つで生き生きと描かれる。その類稀なレトリックが独り歩きする演出がいいですね。
 読者と視聴者が「そんなセリはありか」と驚嘆する、脚本家がその時代を見てきたように、戯れのセリフを語らせる演出です。
 信長に殺される事実は変えようがないが、最後の言葉を何と発するか、楽しみです。板垣死すとも、自由は死せずとかなんとか。俺を殺しても、時代の大きなうねりは変わらぬ。愚か者め。
 しかし秀逸は司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」の第八巻で、竜馬が暗殺されたのちを表して、「天はこの男を地上に下ろし、この国の乱れを終わらせたら、惜しげもなくさっさと天に召し上げる・・・・・・」
 司馬さんが、新しい時代の先駆けに散った竜馬の死の描写です。

・通行人でハッキリと映った < 名無しで大勢で喋るシーンで映った < 名前のある役・セリフのある役が来た < セリフの多い役・主役とからみの多い役が来た < 見せ場の多い役が来てマスコミ取材やメイキング撮影も受けた < ついに主役が来た < ランキング登場の売れっ子 < 受賞や演技派の称号 < 友情出演・特別出演の常連 < セリフのない表情だけの役でも存在感 < 無表情の死体役でもこの人がやると存在感が違うと評価
これがわかるのは本業の俳優さんよりも一人何役も高座でこなす噺家さんだと思って期待しています。

*落語家の春風亭昇太への講評というより、今川義元への想いのような
発言が多かったようです。

今までは信長、秀吉、家康といった天下を取った武将に関心が寄せられていましたが
最近ではそれ以外の武将に注目が行く時代になりましたね。


スポンサーリンク