スポンサーリンク

巫女の衣装はモンベル製?「十日戎(とおかえびす)」の今宮戎神社


大阪市浪速区の今宮戎神社で10日、「十日戎(とおかえびす)」が開かれ
商売繁盛を祈願する人たちでにぎわいました。

この祭りに奉仕している「ゑびす娘」が着用している巫女さんの衣装の袖口に
「mont-bell」のロゴが写った画像がTwitterで投稿され話題を呼んでいます。

同じ大阪に本社がある会社で、以前より付き合いがあるということで
特注したようだ。なお「十日戎(とおかえびす)」は11日、今日までです。


・どういう特徴があって、それまでのものとどう違うのかと言う事も取材しないといけないのではないのかな?
ネット配信になって、記事のレベルが本当に低くなったと感じる今日この頃。

・関係ないけど最近、シャキッとした巫女さんがいないのだよな。
まぁ、バイトだからしょうがないかもしれないけどある程度最低限教育してほしい。
神主側もだれてる神社が多いからしょうがないのかな。

・こんなすごい防寒着なんかどこにもない昔の巫女さんはほんとに大変だっただろうな。まさに神に仕える者って感じなんだろう。

・飛び抜けてカッコいいブランドでもないけど
案外リーズナブルで使える。野遊びで足りないものはよくここのバーゲンで揃えてる。
ロゴがない方が、「さすがモンベル」って思ったのだけども。モンベルも商売人ですな。

・厳冬の時に神社にお参りして、薄着っぽい巫女さんを見ると、なんか気の毒に思っていましたが、ちゃんと工夫されていたのですね。有り難さが増したような気がします。

・山には登らないけど某捕鯨反対支援メーカーに比べたら
安いし、色んな服とか小物出してるし好きなんだけどなぁ…機能もしっかりしてる
新穂高のロープウェイだったかのスタッフも特注ではないだろうけどモンベル製品が制服だったなぁ

・確かにモンベルは保温性が高くて透湿性がよく、軽くて動きやすい。
巫女さんの衣装に使っているのはちょっとびっくりしたが、機能性を考えれば不思議なことではない。ただし、高い。

・記事とは直接関係ないけど、モンベルの寝袋で迷ったら0番をすすめます。1番は微妙だけど、0番は車が真っ白に凍ったふもとっぱらキャンプ場のテントでも熟睡でき、命を救える道具だと実感しました。

・カラーデザインは???だけど
コスパや機能性は抜群だと思う!安心して使えるし、ガンガン使えて買い替えも気にならない

・伝統があるものなのになんか「今風」のにおいを感じるのでこういうの好きじゃないな…個人的には地味で目立たないほうが良い

・メーカー的に機能性も良さそうなのだけど袖口に社名を入れるのはいかがなものかとも思ったが、巫女ではなく『福娘』やら『ゑびす娘』というキャンペーンガール的立ち位置の方達なら何も問題ないか

・モンベルってマスコミにも人脈があるのかと思っていた。または、マスコミへの営業がうまく行っているのか。
登山番組出演者のモンベルウエア着用率が、すごく高いから。


*今宮戎神社の「十日戎(とおかえびす)」の感想よりもモンベルの商品の
説明のコメントが多いようです。
結構、高ひゅかのようです。ただし価格が高いとのコメントも多かったようです。

楽天市場にもモンベルがありましたので参考に載せておきました。


スポンサーリンク