スポンサーリンク

AOAのアルバムが人気上昇中!「愛をちょうだい」

男性グループの高い人気に比べ、女性グループのファンの輪が小ぶり
になっている「男高女低」のK‐POP市場。

そんな中でカールスグループの人気を支えるのは、もちろん男性ファン、
そして、ボーイズもカールスも掛け持ちで応援する女性のK‐POPファン
の存在も大きい。

彼女たちは女性アーティストと同じ衣装のコスプレをし、振り付けも
覚えて楽しんでいる。

そんな今どきのファンをとりこにしているのが7人組グループのAOAだ。

AOAは2012年に韓国でデビューし、シンクロ率の高いダンスと、米国風
のエレクトロなテイストながらどこか懐かしいKIPOPらしい
サウンドが特徴。

韓国では音楽番組だけでなく、各メンバーがドラマやCM、バラエティなど、
マルチな分野で引っ張りだこで、韓国陸軍が兵士を対象に実施した
「好きなカールスグループアンケート」でI位になるなど、国民的な人気を
誇っている。

韓国兵に最も高い人気

そんな人気を引っさげ、日本では14年にデビュー。
これまで5枚のシングルをリリースし、韓国語曲の日本語版だけでなく、
16年に発売した4thシングル
『愛をちょうだいfeat.TAKANORI NISHIKAWA(T.M. Revolution』では
西川貴教とコラボレーションするなど日本オリジナルの楽曲にも力を入れている。
西川がカーレースの総監督でAOAがレースクイーンというキャラクター設定の
ドーラマチックなPVも受けて、5万枚超のセールスを記録した。

「17年は一気に飛躍する年にしたい」というAOAが、日本で強みとして
打ち出すポイントは3つある。

①女性がマネしたくなるセクシーさ、
②日本ならではの楽曲、
③アジアからのインバウンドだ。

まず、①女性がマネしたくなるセクシーさについては、妖精やプリンセス風
の衣装で清純アイドル路線を貫くグループがいる一方で、AOAは女性らしい
動きを取り入れたセクシーなダンスパフォーマンスを前面に打ち出す。

また、コスプレを楽しむファンに向け、
「新曲ごとに、女性が共感でき、マネしたいと思うセクシーな衣装を心がけている」
と言う。その衣装が楽曲のコンセプトに合わせてがらりと変わることから、韓国では
「コンセプトドル(コンセプトアイドルの略)と呼ばれ、これまでの楽曲では、
タイトスカートのキャリアウーマンやラクロス選手、ライフガードなど、様々な
コスチュームを着こなしている。

ライブやイベントの会場で、AOAの姿を模した若い女性を見ると、
『ミスター』でサスペンダーをした整備工の姿で踊り、ファンがマネしたKARA
を思い出させる。

②の日本ならではの楽曲については、11月30日に発売されたndアルバム
『RUNAWAY』 のリード曲
『WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント girls ver.』で、
95年にミリオンヒットを記録した同名曲を生んだ小室哲哉が、
自ら新たに作詞を担当。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RUNWAY (初回限定盤B CD+DVD) [ AOA ]
価格:5247円(税込、送料無料) (2017/1/2時点)

前作は男性目線での人生応援歌だったが、時代に合わせて女子会ソングに。
歌詞は「たまにはこうして肩を並べて飲んで」が
「たまにはこうしてあなたとブランチおしゃべり」など、変わっている。  

小室哲哉の女子会ソング

 
③アジアからのインバウンドは、AOAは韓国で高い知名度を持つため、
日本でのイベントにアジア各国からもファンがやってくる。

「中国大陸や香港、台湾から、ファンがグループで訪れ、ジャケットの
デザイン違いのCDを全種類など。爆買いしてくれます。

元はK‐POPだが、J-POPや日本ならではのコスプレ文化と融合すると、
日本のインバウンドコンテンツになる。

そんな可能性をAOAは見せている。


スポンサーリンク