スポンサーリンク

ボーム&メルシエの歴史と栄光 

楽天市場ショッピング・ボーム&メルシエ

ボーム&メルシエの歴史

スイス・ジュラ地区に生まれた
歴史ある時計製造会社

ボーム&メルシエ。洗練された都会的なイメージを持つこのブランドは
特にヨーロッパで人気が高く、カジュアルエレガンス・ウォッチの
代表として多くのファンに愛されています。

ブランドの歴史は古く、創業は1830年。スイスウォッチの伝統を
受け継ぐルイ・ヴィクトル・ボームとピエール・セレスティーヌ・ボーム
兄弟が、スイス時計製造の中心地であるジュラ地区にボーム兄弟社
設立しました。


創業以来、その時代の最先端の時計技術を採用。そのひとつが、1855年に
採用された新しいキャリバーです。

これは、1760年にジャン・アントワーヌ・レピーヌが発明したもので、
薄さと正確さを兼ね備えたもの。
今から100年以上も前に生まれたこの技術が、エレガント・ウォッチの
代表であるボーム&メルシエの腕時計の基礎となっています。

数々の栄誉に彩られた
ブランドヒストリー

約1世紀にわたり、時計作りのノウハウを蓄積してきたボーム&メルシエは、
技術面、デザイン性の両面で国際的にも高い評価を得てきました。

ボーム兄弟社時代の1890年代には、キュー天文台主催の
クロノメーター・コンクールに優勝。

このほか、さまざまな国際見本市で優秀な成績を収めています。

1920年、創業者の孫であり優秀な時計職人たったウィリアム・ボームが、
ロシア皇帝に仕えた武官の息子で芸術愛好家たったポール・メルシエと出会い、
「ボーム&メルシエ」が誕生。

以来、時代を反映する高いセンスとクオリティで常に話題を集めてきました。
そして、1970年代には、スイス時計にとって最高の誇りである
バーデン・バーデン・ゴールデン・ローズ賞を受賞。
品質と革新を重んじるホーム&メルシエの歴史は、数々の栄誉に彩られています。

エレガンス・ウォッチの世界に
新風を吹き込んだマルキーズ。

1950年代に入ると、ボーム&メルシエは国際的な名声を得だマルキーズなど、
新しいモデルを発表。ブレスレットとウォッチを一体化するというコンセプトは、
当時の腕時計業界にセンセーションを呼びました。

その後、発表された「リネア」「ギャラクシーキャットウォーク」といった
エレガンス・ウォッチのシリーズにも、このコンセプトが生かされ、今日でも
世界中の女性たちの高い支持を得ています。

伝統と創造性を生かし、
バラエティ豊かな時計を創造

伝統を継承しながら、こモダンな要素を取り入れてきたこのボーム&メルシエは、
まさに「洗練」という言葉の似合うブランドといえるでしょう。

すっきりと都会的で、まったく嫌みのないデザイン。そして、すぐれた品質を
裏付けるスイスウォッチの技。その両方が、つける人に深い満足感を与えてくれます。

1990年代には、発売して10年も満たない段階で「神話」といわれるほどの成功を
収めだ「ハンプトン」モデルや、機能美を極めた「クロノグラフ」「ケープランド
などを発表。

現在では、ステンレススチールを素材とする現代的な腕時計から、ジュエリーを使った
宝飾時計まで、バラエティに富んだウォッチを手がけています。

ブランドのシンボルとして使われている゛φ(ファイ)は、理想的な均衡と調和の美を
表すギリシャ文字。
この文字が示すとおり、ボーム&メルシエは伝統っとモダンの調和の中で現代の地位
を築いてきたといえるでしょう。

ボーム&メルシエ、2016SIHH発表モデル 
Baume & Mercier New Watches At SIHH 2016

スポンサーリンク